多汗症の薬の中でどれが効く?

多汗症の薬の中でどれが効く?

.

多汗症に効くとされる抗不安薬

医師の診察

多汗症は精神障害が原因で起こる病気ではありません。しかし、汗をかいていることを気にしすぎていると余計に汗をかく、緊張が大きい、などといったことが原因で大量の汗をかく場合があります。そのようなケースには、抗不安薬(マイナートランキライザー)が効くとされ、このような精神を安定さる薬が処方される場合があります。抗不安薬は不安や緊張を和らげることで、多汗症の症状に効くとされています。ただし、のどの渇きや胃腸障害、便秘などの副作用も考えられ、効果も一時的なものなので、そう頻繁に処方されるものではありません。効果は個人差があり、誰にでも効くというわけではありません。使用する際は必ず医師の診察を受けてから服用しましょう。


ページのトップへ ▲

アセチルコリンを抑える薬

薬

多汗症に効くとされている薬で、多汗症の認可を受けている抗コリン剤(プロバンテリン)という薬があります。汗は神経から汗腺にアセチルコリンという伝達物質が出されることで汗が出ます。このアセチルコリンの機能を抑制すれば、汗が減少し多汗症の症状が緩和されるというものです。また、交感神経の過剰な興奮を抑えることで、自律神経の乱れを整える自律神経に作用する薬(トフィソバム)という薬が効くとされています。多汗症は交換神経(自律神経)が興奮した時にアセチルコリンが多く分泌されて、多汗症の症状が出るとされているので、こういった薬が効くとされています。


ページのトップへ ▲

多汗症に効く漢方薬

漢方薬

汗を抑えるのに効く漢方薬というのもあります。多汗症の改善にも役立つといわれている漢方薬の中で、水太りで疲れやすく、尿が少ない人に効くとされているのが防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)、上半身、顔や手、わきの下の多汗症に効くとされているのが柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)、全身性多汗症には桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)などが効くとされています。漢方薬は即効性はないものの、体質改善をしてくれる薬です。漢方薬は一人ひとりに処方が異なりますので、専門家に診てもらい処方してもらうようにしましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 多汗症の原因 | 予防と対策 | 全身の多汗症 | 頭部の多汗症 | 顔の多汗症 | 脇の多汗症 | 手・掌の多汗症 |
足の多汗症 | 多汗症の人は病院へ行くべき? | 治療方法 | 手・掌の多汗症治療 | 多汗症の手術 | ボトックス注射 | | 漢方(漢方薬) | わきが(ワキガ)と多汗症 | 腋臭症と多汗症 | 精神性多汗症 | 多汗症と塩化アルミニウム | 多汗症は遺伝なの? | 病気? | 顔の多汗症は治るの? | 多汗症の治療と費用 | 多汗症の薬 | これって多汗症? | 多汗症手術の危険性やリスク | 多汗症手術は保険が適用される? | 多汗症の判断基準は? | 汗が多い人はすべて多汗症? | 多汗症治療は皮膚科でも大丈夫? | 多汗症の治し方 | 多汗症はトレーニングで治る? | 手掌多汗症? | 足の裏も多汗症? | 汗を抑えるグッズ(商品) | マリアクリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニック「完全摘出法」体験談 | SBCで多汗症治療

Copyright © 2006 はじめての多汗症治療!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア | ホワイトニング