もしかして多汗症?多汗症かどうかの判断基準は?

もしかして多汗症?多汗症かどうかの判断基準は?

.

多汗症に気づくきっかけ

タオルやハンカチ

多汗症は激しい運動をしたわけでも、暑いわけでもないのにいつも手のひらや足のうらが濡れている、手で触っている書類がびしょびしょになったり、靴をぬいで歩くと床のうえに足跡がつく、というくらい汗がしたたっている状態です。これは汗かきレベルではないですね。最初に自分は人より汗が多いのでは?と気づくきっかけは、人の手は濡れていないのだ、と知るきっかけ、フォークダンスが多いといわれています。また、常にタオルやハンカチを持っていなければならないと改めて認識した時、周囲にはそのような人がいないと気づいた時に、もしかして人より汗が多い?多汗症?と気づくようです。それに気づくとさらに汗の量が多くなり、さらに悩みが深くなる、という人も多いようです。しかし生命に関わる問題でもないため、多汗症は病気、という認識が低かったため、気のせいなどと診療内科などの診察を勧められることもありました。


ページのトップへ ▲

手掌多汗症の判断基準

手のひら

手掌多汗症の判断基準は3段階に分けることができます。レベル1は手のひらが軽く湿り気を感じる状態。肉眼では水滴としては見えない状態です。見た目にははっきりと認識できない場合が多く、多汗症か汗かきかどうかの判断基準が難しいレベルです。判断基準のレベル2は水滴が肉眼で見え、手のひらに水溜りができることがある状態。手作業などに支障をきたる場合が多いですね。判断基準のレベル3は、間段なく手のひらから水滴がしたたり落ちる状態です。多汗症としては重度の症状で、日常生活にも大きく支障をきたす場合が多いです。多汗症の手術をした方がいいという判断基準になります。


ページのトップへ ▲

多汗症手術の判断基準

手術

多汗症の判断基準としてレベルやグレードといわれる判断基準は3段階に分けられ、レベル2やレベル3の場合は、日常生活に支障をきたすこともあり、多汗症の手術や治療を行うことが多いです。判断基準のレベル1程度で、多汗症の手術をした場合、代償性発汗などの副作用の方が気になる場合があるので、レベル1程度では手術は勧めないケースがほとんど。多汗症の手術に踏み切る判断基準としては、視診と触診、これまでの経緯や家族歴、日常生活や仕事上でどれだけ支障をきたしているかなどを相談したうえで、多汗症の手術をするかどうかを決めます。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 多汗症の原因 | 予防と対策 | 全身の多汗症 | 頭部の多汗症 | 顔の多汗症 | 脇の多汗症 | 手・掌の多汗症 |
足の多汗症 | 多汗症の人は病院へ行くべき? | 治療方法 | 手・掌の多汗症治療 | 多汗症の手術 | ボトックス注射 | | 漢方(漢方薬) | わきが(ワキガ)と多汗症 | 腋臭症と多汗症 | 精神性多汗症 | 多汗症と塩化アルミニウム | 多汗症は遺伝なの? | 病気? | 顔の多汗症は治るの? | 多汗症の治療と費用 | 多汗症の薬 | これって多汗症? | 多汗症手術の危険性やリスク | 多汗症手術は保険が適用される? | 多汗症の判断基準は? | 汗が多い人はすべて多汗症? | 多汗症治療は皮膚科でも大丈夫? | 多汗症の治し方 | 多汗症はトレーニングで治る? | 手掌多汗症? | 足の裏も多汗症? | 汗を抑えるグッズ(商品) | マリアクリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニック「完全摘出法」体験談 | SBCで多汗症治療

Copyright © 2006 はじめての多汗症治療!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア | ホワイトニング