多汗症の治療

多汗症の治療

.

多汗症の治療とは

治療

予防は多汗症を防ぐものであり、対策は多汗症予備軍のためのものでもあります。そのため、医師から多汗症の診断を受けたときには、その人にあった適切な治療を受ける必要があります。一口に多汗症と言っても、その治療法はひとつではありません。様々な原因を持つ多汗症であり、日常生活に密接な関係があるものですから、それらの事情にあった治療法を医師とよく相談した上で決定していくことが大切です。多汗症の治療法を大きく分類すると、内科的療法、精神療法、手術療法の三つにわけられます。


ページのトップへ ▲

薬物による多汗症治療

注射

内科的な治療とは、薬を使った治療法です。薬というものは体内中を回って、最終的に排泄されるものですが、それ故に副作用も気になります。しかし、一番身近に感じられるのは薬による治療のようにも感じられます。今話題になっている治療法のひとつとして、ボトックス治療があげられ、これは注射による薬物治療になっています。


ページのトップへ ▲

精神療法による多汗症治療

精神療法

次に精神療法です。これは精神的な原因により多汗症を引き起こしてる場合に考えられる治療法のひとつで、精神療法と言っても様々なものがあります。しかし、この治療法を選んだ場合には、自分と向き合うことが必要とされています。心の問題であることを受け入れ、思い出したくない過去のことやトラウマなどにも対面しなければいけない状況にぶつかることもあります。また、薬や手術などのように効果が目に見えてわかりにくい上、長期間の治療に及ぶこともあります。しかし人によっては、あっという間に問題を克服して多汗症の悩みから解放されたということもありますので、一概にいい悪いは言えません。


ページのトップへ ▲

手術による多汗症治療

手術

最後に手術療法です。これはどんなに簡単な手術であっても、身体的に負担がかかることには変わりないということをはじめに言っておきます。しかし、多汗症の悩みを短期間で確実に解決させたいという思いの人にとっては一番の治療法と言えます。交感神経切除術などの手術があげられ、発汗を促す交感神経をブロックしてしまう治療法があります。 □治療を受けるときの注意点 これらの治療法について後ほど詳しく説明しますが、治療法を選ぶ際には十分な医師の説明を聞き、メリット、デメリットまで納得した上で決断しましょう。そのためにも、多汗症治療の第一歩は、信頼できる病院、医師を探すことから始まると言っても過言ではありません。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 多汗症の原因 | 予防と対策 | 全身の多汗症 | 頭部の多汗症 | 顔の多汗症 | 脇の多汗症 | 手・掌の多汗症 |
足の多汗症 | 多汗症の人は病院へ行くべき? | 治療方法 | 手・掌の多汗症治療 | 多汗症の手術 | ボトックス注射 | | 漢方(漢方薬) | わきが(ワキガ)と多汗症 | 腋臭症と多汗症 | 精神性多汗症 | 多汗症と塩化アルミニウム | 多汗症は遺伝なの? | 病気? | 顔の多汗症は治るの? | 多汗症の治療と費用 | 多汗症の薬 | これって多汗症? | 多汗症手術の危険性やリスク | 多汗症手術は保険が適用される? | 多汗症の判断基準は? | 汗が多い人はすべて多汗症? | 多汗症治療は皮膚科でも大丈夫? | 多汗症の治し方 | 多汗症はトレーニングで治る? | 手掌多汗症? | 足の裏も多汗症? | 汗を抑えるグッズ(商品) | マリアクリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニック「完全摘出法」体験談 | SBCで多汗症治療

Copyright © 2006 はじめての多汗症治療!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア | ホワイトニング