汗をかきすぎるのは病気?

汗をかきすぎるのは病気?

.

「汗かき」と「多汗症」の違い

汗

夏の暑い日やたくさんの運動をした時など、人間は汗をかきます。汗をかくのは体の恒常性を保つための体温調節のため。その体温調節の必要もない場合に、大量の汗をかく病気を多汗症といいます。多汗症は、手のひらや足の裏、頭や顔、わきのした、額、体全体に異常に汗をかく病気です。激しい運動をしたわけでもなく、暑いわけでもないのにいつも手のひらが濡れていたりします。太っている人がよく汗をかきますが、それは、皮下脂肪が厚く、体内で作られた熱が外に出にくいため、普通より余計に汗を出して体温調節をするからです。多汗症はれっきとした汗の病気で、しっかりした治療をすれば90%の確立で治る病気といわれています。


ページのトップへ ▲

汗をかくしくみ

運動

汗は、運動をしたり、暑い日などの気温で体温が上昇したりした時に汗を出して気化熱を奪い、体温を下げ一定の温度にとどめようと機能します。汗は体温調節の働きをするもので、人間にとって必要不可欠なものです。この指令を出しているのは、脳で、脳からの命令は脊髄を通り交感神経を通して、汗を出す汗腺に達し汗をかく、というしくみです。このように体温調節が原因で出る汗を「温熱性発汗」といいます。また、人間は緊張した時も汗をかきますね。その場合は、手のひらや額、わきの下などに汗をかくことが多いのです。この場合に出る汗を「精神性発汗」といいます。


ページのトップへ ▲

多汗症は精神的な病気?

医療機関

多汗症は病気であるといわれていますが、その原因は残念なことによく分かっていません。ただ、多汗症の人は、普通の人と比べて、交感神経の反応が強いといえます。家族などで多汗症の人が多い場合もあり、遺伝が原因の病気とも考えられています。多汗症は精神的な病気という場合もありますが、生まれた時から、多汗症の症状が出ているケースもあります。自我が確立する前から汗が出ているのですから、精神的な病気、とは一概にはいえないでしょう。ただし、気にしすぎると余計に汗をかく、という場合もあります。多汗症は治療すれば治る確率の高い病気です。余計に気にしすぎる必要はありません。我慢できないようであれば、医療機関で相談をしてみましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 多汗症の原因 | 予防と対策 | 全身の多汗症 | 頭部の多汗症 | 顔の多汗症 | 脇の多汗症 | 手・掌の多汗症 |
足の多汗症 | 多汗症の人は病院へ行くべき? | 治療方法 | 手・掌の多汗症治療 | 多汗症の手術 | ボトックス注射 | | 漢方(漢方薬) | わきが(ワキガ)と多汗症 | 腋臭症と多汗症 | 精神性多汗症 | 多汗症と塩化アルミニウム | 多汗症は遺伝なの? | 病気? | 顔の多汗症は治るの? | 多汗症の治療と費用 | 多汗症の薬 | これって多汗症? | 多汗症手術の危険性やリスク | 多汗症手術は保険が適用される? | 多汗症の判断基準は? | 汗が多い人はすべて多汗症? | 多汗症治療は皮膚科でも大丈夫? | 多汗症の治し方 | 多汗症はトレーニングで治る? | 手掌多汗症? | 足の裏も多汗症? | 汗を抑えるグッズ(商品) | マリアクリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニック「完全摘出法」体験談 | SBCで多汗症治療

Copyright © 2006 はじめての多汗症治療!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア | ホワイトニング