汗が多い人はすべて多汗症なのか?

汗が多い人はすべて多汗症なのか?

.

多汗症とわきが

わきの下の汗

わきの下の汗が異常に多い場合、わきの下の多汗症の可能性があります。しかし、多汗症と間違えやすい病気にわきががあります。わきがと多汗症は根本的な汗のもと、汗腺が違います。多汗症の汗は体温調節の役割を果たすエクリン腺から発生するのに対し、わきがの汗はアポクリン腺という動物性の臭いを発生させる汗腺から発生します。多汗症は臭いを発することはあまりないのですが、汗が多いので皮膚の雑菌と汗が混じりやすく、臭いが出ることがあるので、わきがと間違いやすいのです。わきがの場合も汗が多く、わきの部分のきばみや汗染みができるので、わきがと多汗症の区別がつきにくい場合もあります。わきがの人がすべて多汗症ではなく、多汗症の人がすべてわきがではありません。


ページのトップへ ▲

多汗症と症候性多汗症

大量の汗

多汗症というのは、暑い、運動後、など特別な理由がないのに大量の汗をかくことをいいますが、なんらかの病気がありそれが原因で汗が多くなることがあります。その一つは「症候性(続発性)多汗症」。この病気は全身に汗をかきます。症候性多汗症の原因として多いのは甲状腺機能亢進症です。エネルギー代謝や甲状腺ホルモンを分泌している甲状腺。このホルモンが亢進して様々な異常を引き起こす病気です。汗をかく他に、手がふるえたり、食欲があるのに体重が増える、全身の倦怠感、神経過敏によるイライラ、動悸、頻脈、筋力や集中力の低下などの症状がみられます。


ページのトップへ ▲

多汗症ではないのに汗が多い

専門医

多汗症ではないのに、多量の汗をかく場合は体質だけではなく、病気が原因の場合があります。更年期障害の症状の一つでかっと汗を多くかいたと思ったらすぐにひくホットフラッシュ、特に寝汗をかく悪性リンパ腫、薬物依存症の一つであるアルコール依存症、膵臓に腫瘍ができるインスリノーマ、心臓病にかかっている人に起こりやすい感染性心内膜炎などの病気が考えられます。このような病気が原因で汗を多くかく場合には、ほとんど他の症状も見られます。専門医のもとで適切な治療をしましょう。


ページのトップへ ▲


スポンサードリンク

 
HOME | 多汗症の原因 | 予防と対策 | 全身の多汗症 | 頭部の多汗症 | 顔の多汗症 | 脇の多汗症 | 手・掌の多汗症 |
足の多汗症 | 多汗症の人は病院へ行くべき? | 治療方法 | 手・掌の多汗症治療 | 多汗症の手術 | ボトックス注射 | | 漢方(漢方薬) | わきが(ワキガ)と多汗症 | 腋臭症と多汗症 | 精神性多汗症 | 多汗症と塩化アルミニウム | 多汗症は遺伝なの? | 病気? | 顔の多汗症は治るの? | 多汗症の治療と費用 | 多汗症の薬 | これって多汗症? | 多汗症手術の危険性やリスク | 多汗症手術は保険が適用される? | 多汗症の判断基準は? | 汗が多い人はすべて多汗症? | 多汗症治療は皮膚科でも大丈夫? | 多汗症の治し方 | 多汗症はトレーニングで治る? | 手掌多汗症? | 足の裏も多汗症? | 汗を抑えるグッズ(商品) | マリアクリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニックで多汗症治療 | 湘南美容外科クリニック「完全摘出法」体験談 | SBCで多汗症治療

Copyright © 2006 はじめての多汗症治療!. All rights reserved

[PR] にきび治療 | アレルギー病気 | 毛穴ケア | ホワイトニング